誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

秋田県と岩手県にまたがる秋田駒ヶ岳で継続的に地震が観測されています。

旬な話題!!

秋田県と岩手県にまたがる秋田駒ヶ岳で継続的に地震が観測されています。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

秋田県と岩手県にまたがる秋田駒ヶ岳で継続的に地震が観測中

9月14日正午までの4時間に、火山性地震が129回観測されました。
これは1日に起きた地震回数としては平成15年の観測開始以来、最も多くなり、午後も地震が続いているということです。

このほかの観測データには特段の変化は見られないということで、気象台は「噴火警戒レベル1」を継続し、今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。

一方、地下の熱水や火山ガスなどの動きを示すと考えられる火山性微動は観測されていないほか、地殻変動のデータにも特段の変化は見られないということです。

また14日、女岳では10メートルの高さの噴気を観測していますが、これまでと比較して特段の変化は見られないということです。

このため気象台は秋田駒ヶ岳の噴火警戒レベルについて「活火山であることに留意」を示す「レベル1」を継続したうえで、14日昼すぎ「火山の状況に関する解説情報」を発表し、地震活動が継続しているため、今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。

気象台は15日に現地に職員を派遣して詳しい状況を調べることにしています。

☆噴火について
噴火は 火山の足下、地下1~10Km付近のマグマ溜まりにマグマが一旦集まり → そこから上昇して地表に現れる
というのが噴火の過程です。
このマグマの移動と集積が、いくつかの前兆を引き起こすことになります。


噴火の前兆現象としては、火山性地震(マグマが岩盤を破壊し貫入)で起きます。
震源が次第に浅くなってきた場合、噴火時期が近付いていると考えられます。
震源が集中するところがあれば、そこで噴火が起こると考えます。

地域の方が体感できる地震も一つの目安です。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

旬な話題 ニュース